読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

被ダメ実験3

物理防御力0のときに叩く実験をした


実験内容

衰弱の付いた状態で、ヘビーブロウ(Lv2)を受けると、物理防御力が0になる。

そのため、物理防御力の影響を受けずにダメの測定を行うことが出来る。今回はこの状態で、ダメ減(物理、人間)とダメ耐性(パラ職業技能)の影響を調べた。

具体的には、ダメ減装備無しの状態から、一つずつダメ減装備を付けていき、ダメが実際に減る様子を観察した。

叩く人と叩かれる人は実験1と同じ。

結果

  物理ダメ減 人間ダメ減 ダメ耐性なしでのダメ ダメ耐性ありでのダメ
装備なし 2.5% 15% 39-40 33-34
タリスマン 12.5% 15% 36-37 30-31
12.5% 25% 32-33 27-28
12.5% 35% 29-30 24-25
12.5% 45% 25-26 21-22
12.5% 55% 22 18-19
重鎧 31.6% 55% 14-15 12

分析

ダメ耐性を付けた場合、ダメ耐性なしで受けるダメから単純に15%減る。つまり、他のダメ減(物理)やダメ減(人間)とは別扱い。ダメ耐性なしのときのダメージをグラフにするとこうなる。横軸がダメ減(物理)+ダメ減(人間)の値、縦軸がダメ。

f:id:ochanikki:20161104000431p:plain

データが直線状に並ぶことは、ダメ減の意味を考えれば、当たり前ともいえる。しかし、意外なことに、その直線を延長しても、ダメ減100%でダメが0になるわけではない。このずれがどうして生じるのかは不明だけれど、およそダメ減125%で実際のダメが0になる計算。普段の敵と、決闘場ではダメ減の扱いが少し違うのかもしれない。