読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

対人ダメ実験1

いままでのダメ実験で「モンスター → 人」と「人 → モンスター」のダメは大体わかってきた。そこで、改めて「人 → 人」のダメを調べてみる。

対人補正

決闘場での対人戦では、OPの効果が弱まる方向に補正が働くらしい。
そのことを実験で確認してみる。
今日確かめるのは「クリダメ増」「固定値ダメ減」「最終ダメ」

実験1

叩く人: 50モンク
クリダメ増 105%
ダメ増(人間) 15%

叩かれる人:48パラ
ダメ減(物理): 2.5%
ダメ減(人間): 15%
物理防御力:32

パラは次の二つの固定値ダメ減装備を組み合わせ、モンクの通常ダメとクリダメを比較する。
熟練のマント(ダメ -2)
コス足(ダメ -5)

実験結果1

こんな感じ

固定値ダメ減 ダメ 装備
0 36 (76)
-2 35 (75) 熟練のマント
-5 35 (74) コス足
-7 35 (74) コス足+熟練のマント

カッコ内はクリダメ

分析1

固定値ダメ減5を付けて、ダメが1減り、固定値ダメ減7をつけて2減る感じ。対モンスター戦では、防御力やダメ減とは関係なく説明通りダメが減っていた。なので

対人補正で固定値ダメ減の効果は大きく減る

と言える。また、クリダメも大分低い。モンクのクリダメ増は105%なので、本来なら2.55倍にならなければいけない。ところが、
76/36=2.11
75/35=2.15
74/35=2.11
なので、大体2.1~2.2倍くらいにしかなっていない。

対人補正でクリダメ増の効果も少し減る

と言える。

実験2とその結果

モンクで、最終ダメ増10%装備を付けたうえで、実験1と同じことを行う。他のステは変わっていない。なので、これが対モンスター戦だったら、ダメは素直に1.1倍になるはず。ところが、結果はこんな感じ。

固定値ダメ減 ダメ 装備
0 38 (82)
-2 38 (81) 熟練のマント
-5 38 (80) コス足
-7 37 (79) コス足+熟練のマント

分析2

対人戦ではダメが10%も増えていないことが分かる。クリダメで比率を考えると
82/76=1.079
81/75=1.080
80/74=1.081
となるので、大体8%くらいしか増えていない。

対人補正で、最終ダメ10%装備の実際の効果は8%程度

と言える。

感想

今回の実験では、2つのダメの比(通常ダメとクリダメの比、とか、最終ダメ増10%装備を付けたダメと付けないダメの比)を考えた。なので、この実験結果は「対人戦ではダメが低く補正される」という仮説では説明できない。また、「ダメが小さくなる方向に補正される」という仮説でも説明できない、というのも固定値ダメ減 7を付けても、実際には2しか減らなかったので。とすると、今のところの仮説としては「ステの影響が小さくなる方向に補正される」というのが最有力と言えそう。

言い換えれば「装備の揃っている人と揃っていない人の差が(少しでも)縮まる方向へ補正される」とも言える。そう考えると、ゲームの開発者がワザワザそういう補正を付けていることにも納得がいく。