ブラスティングブロウ

ブランディッシュスイフトキック、スイングダウンなどはスキル攻撃力が

(スキル倍率)*( (攻撃力) + (基礎倍率)*(スキル攻撃力上昇) )

という式(の四捨五入)で表されていた。一方、

(スキル倍率)*( (攻撃力) + (基礎倍率)*(スキル攻撃力上昇) ) + (加算値)

という式(の四捨五入)で表されるスキルもある。モンクの場合、ファーストブロウとブラスティングブロウがこの式。そこで、今日はブラスティングブロウの攻撃力の式を調べてみたい。

武器を外した時の攻撃力は、小数点以下まで完全に計算できるようになったので、武器を外した状態で測定を行う。

結論

結論を先に。筋力が11のとき、Lv4 ブラスティングブロウのスキル倍率は2.3、加算値は11.52となる。なので攻撃力の式は

2.3*( (攻撃力)+1.162*(スキル攻撃力上昇) )+11.52

と表される。

測定

66モンク
筋力 11
スキル攻撃力上昇 50
基礎攻撃力 71
指輪 9

この状態で攻撃力上昇OPをを-75%から150%まで変化させ、理論値と実測値を比較してみるとこんな感じ。

攻撃力増 攻撃力 理論値 実測値
-75% 23.24 198.602 199
-50% 46.48 252.054 252
-25% 69.72 305.506 306
0% 92.96 358.958 359
25% 116.20 412.410 412
50% 139.44 465.862 466
75% 162.68 519.314 519
100% 185.92 572.766 573
125% 209.16 626.218 626
150% 232.40 679.670 680

理論値の四捨五入が実測値に一致していることが分かる。
この測定から、スキル倍率が2.3なことは、ほぼ間違いない。
けれど、加算値の方は11.52から多少ズレていても上の結果は説明できてしまう。
そこで、攻撃力を変化させ、加算値の取りうる範囲を求めてみる。

加算値

指輪 攻撃力増 実測値
+1.0 -65% 212
+3.5 85% 514

加算値をbとするとこの二つの結果から
211.5 <= 2.3*1.162*((71+1.0)*0.35+50)+b < 212.5
513.5 <= 2.3*1.162*((71+3.5)*1.85+50)+b < 514.5
となり、ここから

11.518905 <= b < 11.52048

と分かる。この範囲内で一番キリの良い値を選んでb=11.52となる。

筋力

筋力を10,9と変化させ、同様の測定を行ってみる。

筋力 10 のとき

指輪 攻撃力増 実測値
+3.0 -20% 292
+4.0 25% 382

ここから 11.2 <= b < 11.2008 となる。キリの良い値をとって b=11.2

筋力 9 のとき

指輪 攻撃力増 実測値
+3.0 5% 327
+3.5 -65% 200

ここから10.879645 <= b < 10.88062 となってキリの良い値は b=10.88

まとめ

まとめるとこんな感じ

Lv4ブラスティングブロウ

筋力 スキル倍率 加算値
9 2.3 10.88
10 2.3 11.20
11 2.3 11.52

ここから予想すると、筋力が1増えるごとに加算値が0.32増えている感じ。なので筋力の値がkのときは

(加算値)=8+0.32*k

となっている気がする。基礎倍率の(0.7+0.042*k)と似ているようで少し違う。
ただ、この結果はまだ自信が持てないのでもう少しデータを集めた方がよさそう。

広告を非表示にする