読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

対人ダメ実験(鋼の体)

鋼の体(プリ30パラ35の職業技能)の効果を確かめてみる。

説明

鋼の体の説明書きでは

被ダメージ(クリティカル)-20%
クリティカル攻撃で受けるダメージが減少する

となっている。

可能性

説明を読むと、クリダメを20%減らすようだけれど、これには2通りの解釈ができそう。例えば、叩く人のクリダメ増が140%の場合

(基礎値) * (1.5 + 140/100) * (1 - 0.2)

となるか

(基礎値) * (1.5 + (140-20)/100)

となるか。どちらになるか実験で確かめてみる。

実験

叩く人:57モンク
アッパー攻撃力: 692
クリダメ増 140%
ダメ増(人間) 15%

叩かれる人:55パラ
ダメ減(人間) 15%
ダメ減(物理) 2.5%
防御力:0

モンクがパラをアッパーで叩く
鋼の体を付けたときと外した時とでクリダメを比較する。

結果

鋼の体なし 214
鋼の体あり 202

分析

0.5*(692*(1.0-0.025)*2.9)^0.8 = 214.87
となるので、鋼の体を付けてないときのクリダメは今まで通り。
一方、鋼の体を付けると、クリダメは202だったけれど、
0.5*(692*(1.0-0.025)*2.7)^0.8 = 202.93
0.5*(692*(1.0-0.025)*2.9*0.8)^0.8 = 179.74
となるので、上の式の方が実験結果に合致している。なので
クリダメは、叩く人のクリダメ増と、叩かれる人のクリダメ減の差し引きが使われると分かる。計算式は
(基礎値)*(1.5 + ( (クリダメ増) - (クリダメ減) )/100)
となる。