読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湖畔ダメ実験2

湖畔では、難易度により敵の防御力を一定値増やすことができる。一方、フォースやヘビブロなどで防御力を割合で減らすことができる。増やすときは一定値、減らすときは割合なので、この組み合わせによって敵の防御力の具体的な値を知ることができる。

結論

結論を先に。難易度0でのグレムリンの防御力は1370前後と分かった。計算にかなりの誤差が含まれることを考えると、1350~1400くらいと思った方が良さそう。

実験

仲良しのプリさんに手伝ってもらい、グレムリンにフォースデバフ(防御力-10%)をかけてもらった。その状態で、昨日と同じ実験を行う。
結果はこんな感じ

難易度 敵防御力 デバフなしのダメ フォースデバフ中のダメ
0 605   681
3 +100 549 630
4 +150 521 604
5 +200 493 579
6 +250 466 554
7 +500 332 430
8 +650 254 358
9 +800 178 288
10 +1000 79 195
12 +1100 30 150
14 +1200 1 105

分析

難易度0でのデバフ無しダメ(605)と、難易度4でのデバフ有りダメ(604)が近い値なことに着目する。ダメ1の違いは防御力としては、およそ2くらいの違いなはずなので、
グレムリンの防御力をxとした場合、
x+2 ≒ (x+150)*0.9
という式が成り立つ。ここからx≒1370とでる。

完封防御力

デバフが無いとき、防御力+1200でダメ1となっている。これは、計算上ではダメ0だけれど、例外処理で1になっていると思われる。
昨日のグラフから、およそ+1150くらいで「計算上のダメ」が0になっていると読み取れる。
とすると、完封防御力(=計算上のダメが0になる防御力)は1370+1150=2520前後だと分かる。ただし、この値は敵のレベルや自分のレベルに依存するはず。

ダメ計算式の推測

まだ、データが少ないので何とも言えないけれど、ダメ計算において、防御力が関わる部分は
1 - ((防御力)/2520) ^ a
という感じか
(1 - (防御力)/2520) ^ b
という感じになっていそう。はっきりしたことを言うためには、さらにデータを集めないといけない。