読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

与ダメ実験4

今までの実験で、モンスターを通常攻撃で叩いた時のダメについて以下のことが分かった。

  • ダメは (攻撃力)+(通常攻撃力上昇) に比例する
  • ダメは敵の防御力の1次関数である
  • クリダメは非クリ時のダメの(1.5+(クリダメ増)/100)倍になる

これらを総合すると、ダメは定数SとDによって次のように表されると言える。

非クリダメは
S*(1-(1-(防御力デバフ)/100)*D)*( (攻撃力)+(通常攻撃力上昇) )
クリダメは
(非クリダメ)*(1.5+(クリダメ増)/100)

ただし、この定数SとDは叩く人、叩く相手に依存する。

実験

この式が本当に正しいか実験で確かめてみたい。それとともに定数SとDも決定してみる。

叩く人:50モンク
通常攻撃力上昇:30.3
クリダメ増:130%
狩り技能(自然系ダメ増):5%

叩く相手:太陽の聖堂の木

モンクの攻撃力を変えながら、通常攻撃で木を叩く。
そして、ヘビブロありとヘビブロなしでダメを見る。

但し、ヘビブロはLv2なので防御力は-25%

結果

結果はこちら

攻撃力 ヘビブロなしダメ (クリダメ) ヘビブロありダメ (クリダメ)
130 109 (306) 123 (345)
156 127 (356) 143 (402)
182 145 (406) 163 (458)
208 162 (455) 183 (514)

分析

例えば、攻撃力130のとき、ヘビなしダメ109、ヘビありダメ123だけれど、これは

109=S*(1-D)*(130+30.3)   123=S*(1-0.75*D)*(130+30.3)

というようになるはず。端数分も考慮して、この式ですべての結果を説明できるように調節するとS=1.033、D=0.3385という結果が出る。実際この数値を代入してみると

攻撃力 ヘビブロなしダメ ヘビブロありダメ
130 109.53771885  (306.70561278) 123.5507641375   (345.942139585)
156 127.30428585   (356.45200038) 143.5901893875   (402.052530285)
182 145.07085285   (406.19838798) 163.6296146375   (458.162920985)
208 162.83741985   (455.94477558) 183.6690398875   (514.273311685)

となり、切り捨てたものは実測値に完全に一致する。
最初に挙げた式はかなり信ぴょう性が高いと言ってよさそう。