読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

対人ダメ実験(固定値ダメ減)

固定値ダメ減の対人補正について調べてみたい。

実験

固定値ダメ減を変えながら、アッパーで叩き、ダメとクリダメを調べる。

叩く人:56モンク
アッパー攻撃力 837
ダメ増(人間):15%
クリダメ増:140%

叩かれる人:54パラ
ダメ減(人間):15%
ダメ減(物理):2.5%

実験結果

こんな感じ

固定値ダメ減 通常ダメ クリダメ
0 106 250
-2 106 249
-4 106 248
-7 106 248

分析

固定値ダメ減0のダメは昨日の式で説明が付く。

0.5*(837*(1-0.025))^0.8 = 106.74660298461268
0.5*(837*(1-0.025)*2.9)^0.8 = 250.1914485616755

となる。問題はダメ減がどこにつくか。ありそうなパターンを考えてみると

0.5*(837*(1-0.025))^0.8 -7 = 99.74660298461268
0.5*(837*(1-0.025)-7)^0.8 = 106.01346509957507
0.5*( (837-7)*(1-0.025) )^0.8 = 106.03180896648124

となって、1つ目はダメ、2つ目か3つ目が正しそう。クリダメの方は

0.5*((837-2)*(1-0.025)*2.9)^0.8=249.71307094890622
0.5*((837-7)*(1-0.025)*2.9)^0.8=248.51612264198036
0.5*((837*(1-0.025)-2)*2.9)^0.8=249.70080184504056
0.5*((837*(1-0.025)-7)*2.9)^0.8=248.47312849972988

となって、どちらでも実験結果とマッチしてしまう。ダメ減を増やして実験し直さないといけないみたい。