命中/回避実験13

前回までの命中/回避実験で、レベル差4までは命中率補正を受けず、レベル差6以上では補正を受けることが分かっている。なので、レベル差5でどうなるかが気になるところ。

今日は96パラさんに協力してもらい、レベル差5での補正を測ってみるうっほ

実験

96パラ(デフォルト命中98)が「正確なLv2(命中+5)」をつけ、命中103とする。
101プリ(デフォルト回避100.5)が「軽々としたLv1(回避+3)」をつけ、回避を103.5とする。

本当はパラの命中とプリの回避を揃えたいところだけれど、0.5の差までは調節できなかった。

この状態で、パラさんの命中率は丁度100%。そこで、プリの回避率を変化させ
全弾命中するギリギリの回避率を探る。

実験結果

こんな感じ

プリ回避率 100% 僅かにミスが出る。
プリ回避率 99% 全弾命中

分析

レベル差5でも命中率補正はないみたい。

LP回復の端数

大分前に、MPの端数について調査し、MPは表示上は常に整数だけれど、
内部的には端数を含んだ値で計算をしているという結論になった。

端数の扱い - お茶の国 プリ日記 ロードス島 調査兵団

なので、LPについても同様だと思うけれど、念のため確認してみたい。
というのも、近いうちに、ヒールヘイトの実験をしてみたいと思っている。
そして、そのための準備として、LP回復の端数の扱いを確認しておきたい。

実験

25オラクルが、エンハンスドキュアLv4 (LP回復9)によって、101プリのLPを回復する。
このとき、LP回復を表す緑色の数字は確かに9と表示される。

しかし、101プリの生命は13で、ステボーナスによってLP回復量が10%増えるはず。
そのため、端数まできちんと扱っているなら、LPは9.9回復するはず。

なので、実際の回復量は本当に9なのか、あるいは内部的には9.9なのかを確かめてみたい。

そこで、101プリのLPの変化を記録してみる。

実験結果

LPの変化を記録するとこんな感じになった。

633, 643, 698, 708, 718, 728, 784, 794, 804, 813, 869, 879, 889, 899, 964, 974

分析

この結果からLPの増加量を計算してみるとこうなる。

10, 54, 10, 10, 10, 56, 10, 10, 9, 56, 10, 10, 10, 65, 10

60前後の値は101の自然回復分のはず。10となっているのが、エンハンスドキュアの分。
なので、内部的には9.9増えていると言ってよさそう。

命中/回避実験12

今日は、フレのモンクさんに協力してもらい、レベル差が4あるときの命中率の補正を測ってみた。

実験

97モンク (デフォルト命中98.5)が「正確なLv2(命中+5)」をつけ、命中を103.5とする。
101プリ (デフォルト回避100.5)が「軽々としたLv1(回避+3)」をつけ、回避を103.5とする。

これで、モンクの命中とプリの回避が一致する。また、モンクの命中率は72%だった。

この状態で、プリの回避率を変化させながら、全弾命中するギリギリの回避率を探る。

実験結果

結果はこんな感じ

プリ回避率 73% 僅かにミスが出る
プリ回避率 72% 全弾命中

分析

結局、モンクの命中率とプリの回避率が同じ値になるときが、全弾命中のギリギリのラインになった。なので「命中率の補正はない」という結論になる。

まとめ

これまでのレベル差による命中率補正をまとめてみると、こうなる。

攻撃側Lv 防御側Lv レベル差補正
103 101 なし
101 101 なし
99 101 なし
97 101 なし
95 101 命中率-30%
91 101 命中率-50%

これを見る感じでは、±4 までは、レベル差補正がないっぽい。
レベル差5の時が気になるところだけれど、今日は実験できなかった。

感想

レベルが4つ上というのは、モンスター相手で言えば黄色ネームにあたる。
なんとなく黄色ネームの敵には攻撃が当たりにくい印象を抱いていたので、
レベル差4でレベル差補正なしというのは結構意外だった。
もしかしたら、対人と対モンスターで違うのかもしれないけれど…。

三角危険 命中率実験

三角危険はLv95から入れるけれど、魔職はレベル差があって、かなりミスが出るらしい。一方、物理職は命中率さえ積めば、全部当たるようにできる。

そこで、今日はLv95シフさんに協力してもらい、命中率をどのくらいにすればよいのか実験をしてみた。

実験

叩く人 95シフ

命中をLv95デフォルトの97.5にしてもらい、全弾命中する命中率を探る。

ミノ

命中率 120% 僅かにミスが出る
命中率 122.7% 全弾命中

エリートミノ

命中率 137.7% 僅かにミスが出る
命中率 142.7% 全弾命中

フンバ

命中率 132.7% 僅かにミスが出る
命中率 137.7% 全弾命中

感想

Lv95でも命中率を140%詰めれば、雑魚相手には問題ない感じ。
フンバの回避の方が、エリートミノより低かったのは意外だった。

これまでの分析

命中/回避実験の10と11とでは、同じ実験をレベル101同士、レベル45同士でやった。

今日は、この二つの結果を見比べてみる。

実験10の結果(レベル101同士での実験)

こんな感じ

回避 - 命中 命中率 - 回避率
0 0.5%
20 14.5%
6 5.5%
26 17.5%

実験11の結果(レベル45同士での実験)

こんな感じ

回避 - 命中 命中率 - 回避率
0 0%
20 16%
6 6%
26 20%

比較

例えば、回避/命中の差20の影響は、101同士では14.5%で45同士では16%となっている。
なので、「回避/命中の差のみが重要」という仮説は、正しくなかったことになる。
回避/命中の値が小さい時の方が、その差の影響が大きくなるように設定されているみたい。

ただ、そうは言ってもその差は2,3%程度しかない。厳密には違っていたとしても
誤差2,3%程度での話をする限りでは、「回避/命中の差のみが重要」と言ってもさほど支障はない。

今後

回避/命中の影響を厳密に追求しようとすると、かなり時間がかかてしまいそうなので、いったん保留にして、簡単に調べられるところを調べた方がよさそう。

命中/回避実験11

今日は、レベル45同士で実験をしてみる。

実験

45モンクが45ソサを叩く

両者のデフォルトの命中/回避は共に 72.5。
モンクの命中率は37%

モンクの命中、ソサの回避を変化させながら全弾命中するギリギリの回避率を探る。

デフォルト

ソサ回避率 38% 僅かにミス
ソサ回避率 37% 全弾命中

回避+20

ソサが「軽々としたLv12 (回避+20)」をつけ、回避を92.5にする。モンクはそのまま

ソサ回避率 22% 僅かにミスが出る
ソサ回避率 21% 全弾命中

命中-6

モンクが布服をつけ、ペナルティで命中-6、なので結局66.5になる。

ソサ回避率 32% 僅かにミスが出る
ソサ回避率 31% 全弾命中

命中-6、回避+20

モンクが布服を付け、ペナルティで命中-6
ソサが「軽々としたLv12 (回避+20)」をつける。

ソサ回避 18% 僅かにミスが出る
ソサ回避 17% 全弾命中

まとめ

今回の実験で、ギリギリ全弾命中する組み合わせはこんな感じ

命中 回避 命中率 回避率
72.5 72.5 37% 37%
72.5 92.5 37% 21%
66.5 72.5 37% 31%
66.5 92.5 37% 17%

命中/回避実験10

前回の命中/回避実験に引き続き、今日も、両者のレベルを等しくし、回避/命中を変化させてみる。

実験

101ナイトが101プリを叩く

デフォルトの命中/回避は二人とも 100.5
ナイトの命中率は87.5%

ナイトの命中、プリの回避を変化させながら全弾命中するギリギリの回避率を探る。

デフォルト

デフォルト状態では、回避率87%で全弾命中、88%で僅かにミスが出るはずだけれど、念のため確認。

回避率 88% 僅かにミスが出る
回避率 87% 全弾命中

回避 +20

プリが「軽々しいLv12(回避+20)」をつけ、回避を120.5にする。ナイトはそのまま

回避率 74% 僅かにミスが出る
回避率 73% 全弾命中

命中 -6

ナイトが布服をつけ、ペナルティで命中-6、なので結局94.5になる。

回避率 83% 僅かにミスが出る
回避率 82% 全弾命中

命中 -6、回避 +20

ナイトが布服、プリが軽々としたをつける。

ナイトの命中は 94.5、プリの回避は 120.5

回避率 71% 僅かにミスが出る
回避率 70% 全弾命中

まとめ

ギリギリ全弾命中する組み合わせはこんな感じ

命中 回避 命中率 回避率
100.5 100.5 87.5% 87%
100.5 120.5 87.5% 73%
94.5 100.5 87.5% 82%
94.5 120.5 87.5% 70%