ヘイト実験18

昨日の分析結果を受けて、今日は先にパラがタゲを取り、それをオラクルが
奪うという形で実験をしてみる。

ただし、事情により昨日のパラとは別のパラでやっている。

実験

太陽の聖堂北部で40パラがミノを叩きタゲを取る。
これをオラクルが叩き、タゲを奪う。

パラにはヘイトを上げる系のスキル、装備は無い。

パラの与ダメは 43
ラクルの与ダメは、非クリで4、クリで6

実験結果

ラクルの与ダメ 102では奪えず106で奪えた。

分析

ラクルは、パラの与ダメの2.4倍を与えてやっとタゲが奪える感じ。
ラクルは、与ダメ*0.5 がヘイト分なので、パラは与ダメ*1.2 がヘイト分なのかも

ヘイト実験17の分析

昨日の実験の分析をしてみる。

ラクルがタゲを奪うのに、何倍の与ダメが必要だったかを見てみると

盾あり: 1930/194= 9.94
盾なし: 1620/150=10.8

となる。(1次職の)パラが約3倍ほどだったことを考えると、確かにハイガーディアン
の方が倍率が高い。

ところが、よく考えてみるとこれはおかしな話で、パラの方はヘイト補正一切なしなのに3倍以上、一方でハイガーディアンはヘイト+860%とかで約10倍。計算が合わない。

普通に考えたら、ハイガーディアンは 3*(1+8.6)=28.8倍とかになっていてもおかしくないくらい。だから倍率10倍というのはむしろ低い。

何でこんな結果になってしまったのか、原因として考えられるものを上げてみると

原因の可能性1=叩く順番

パラの方は、スーパービショップが先に叩いて、パラがタゲを奪うという順での実験
ハイガの方は、ハイガが先に叩いて、オラクルがタゲを奪うという順での実験

ヘイトに関してFAボーナスみたいのがあるとすれば、こうなってしまうのもおかしくはない。

今度、叩く順番を変えたらどうなるのかを調べてみる必要がありそう。

けれど、それでもおかしな結果になってしまったとしたら、やはり考えられるのは…

原因の可能性2=バグ

バグなんじゃないかな、ロードスだし。どんなバグかはまだ分からないけど

  • 実は860%も上がっていない
  • ハイガのヘイトが不当に低い
  • パラのヘイトが不当に高い

あたりがとりあえず怪しい。現時点ではデータが少ないので、確実なことは何も分からない。もう少しデータを集める必要がありそう。

ヘイト実験17

今日は、フレさんに協力してもらいハイガーディアン(パラの2次職)のヘイトを調べる。

実験

ハイガーディアンが三角危険でミノを一度だけ叩きタゲをとる。
そのミノをオラクルが叩き、何回叩くとタゲが移るかを調べてみる。

ハイガーディアンは、パッシブスキル騎士の威光 Lv5を持っていて、
このスキルによって敵意上昇 +860%となる。
また、盾を装備するとによって敵意上昇+75%。
それ以外に、敵意上昇系の装備はない。

また、パッシブスキル「熱狂する騎士」によって攻撃成功ごとに
LPが8.5回復する。そこで、万が一この回復分のヒールヘイトが
影響しないように、ハイガーディアンはLPmaxの状態で実験をおこなう。

実験は、盾ありと盾なしの2通りで行う。
ラクルは1打で与ダメ10

実験結果

盾なし (敵意+860%)

ハイガーディアン与ダメ 194
ラクルが193回叩いてタゲが移った。(総与ダメは1930)

盾あり (敵意+860%+75%)

ハイガーディアン与ダメ 150
ラクルが162回たたいてタゲが移った。(総与ダメは1620)

今日は結果のみ。分析は後日

ヘイト実験16

プリ/オラクルでのヘイト実験がひと段落したので、今日から他職も交えてヘイト実験をしてみたい。

ところで、この日記では2次職を例えば「スーバー・ビショップ」のように正式名で呼ばず「プリ」のように旧職名で呼んでいる。

けれど、どうやらヘイトに関しては1次職と2次職で扱いが違うっぽい。まだ確信を持って言えるほどのデータは揃ってないのだけれど、いままで少し試した感じではそうだった。

なので、その辺のことがはっきりするまでは、とりあえず2次職と1次職をきちんと呼び分けることにする。まずは、パラとその2次職のハイガーディアンについて実験してみたい。

とりあえず今日はパラ(1次職)の方について与ダメとヘイトの関係を調べてみる。

実験

実験に使ったのは、39パラでヘイトを増やす系のスキル、装備は一切なし。

三角危険で108スパビがミノにある程度与ダメを与えタゲを抱える。
そのタゲをパラが奪うのにどれだけ与ダメが必要かを測定する。

スパビは訓練用の武器なので与ダメ値は白ダメの112とクリダメの210のみ。
どちらも偶数なので、ダメージメータの半分がヘイトと思ってよい。

パラの1打の与ダメは23と24。

実験結果

スバピが与ダメ 840 (ヘイトは420)で抱えているとき、
パラは、与ダメ258でこのタゲを奪った。

スパビが与ダメ1820(ヘイトは 910)で抱えているとき
パラは、与ダメ493でことタゲを奪った。

分析

パラの方が少ない与ダメでプリのタゲを奪えているのが分かる。
比率を計算してみると

840/258=3.26
1820/493=3.69

となり、比率にブレが生じている。このブレの理由は分からないけれど、
3分の1以下の与ダメでタゲが奪えていることに間違いはない。

しかも、このパラはヘイトを上げるようなスキルや装備は一切なしで
デフォルト状態で叩いている。

では、これがハイガーディアン(2次職)になるとどうなるのか。
その辺の話はまた後日。

ヘイト実験15

今日は、追加ダメがヘイトに関係するか調べてみたい。

ブレスや、GPなどで追加ダメが出た場合小さな数字でダメ表示される。
これがヘイトに関係してるかしらべてみる。

実験

プリでブレスを付け「追加光属性ダメ9」をつける。
GPで「攻撃時、25%の確率で追加物理ダメージ272」にする。

その状態で、三角危険でプリがミノを一撃叩く。
その後、オラクルがタゲを奪うまでミノを叩く。

実験結果

プリは通常攻撃分のダメは167
ブレスの追加ダメ9
GPの追加ダメで272だった

ラクルが1打のダメ10で叩くと、17ダメでタゲが移った。(総与ダメ170)

分析

総与ダメ170の時にタゲが移ったので、ブレスやGPの追加ダメ分はヘイトに含まれないと分かる。

ヘイト実験14

今日はリンクボスのヘイト実験をしてみたい。

ロードスでは、各部屋ごとに2匹セットでいるボスがいて、
一匹を叩くともう一匹も寄ってくる、という動き方をする。
三角危険で言えばフンバ、カーラ危険で言えばパムがそのタイプ。

狩りをしていて体感的に思うのは「確かに連動はしているけど、ヘイトは別扱いだろうな」という事。
今回の実験ではそのことをきちんと確かめてみたい。

実験

108プリが三角危険でフンバを一匹釣り、それを叩く。
すると、もう一匹のフンバが近づいてきて、タゲがプリに行く。
近づいてきた方のフンバをオラクルが叩き、どのくらい叩いたらタゲが移るかを調べる。

実験結果

試してみると、オラクルの与ダメ2でタゲが移った。

分析

このことから、後から近づいてきた方のフンバはヘイト0だったことが分かる。なので

「リンクボスでタゲは連動するが、ヘイトは連動しない。特に、後から近づいてきた方はヘイト0」

と分かる。

ヘイト実験13

敵を叩いているとき、稀にluckと表示され、もう一度同じ攻撃が出ることがある。
これは追加攻撃と呼ばれ、基本ステの幸運が1以上のときに起きる現象。

この追加攻撃分はダメージメータには反映されないけれど、どうやらヘイトには反映されているっぽい。
今日はこのことを確認してみたい。

実験

プリが三角危険で、ミノを叩き。luckが出るまで、「一打叩く→タゲきり」を繰り返す。
追加攻撃が発生したら、オラクルでミノのタゲを奪うまで叩く。

ラクルの1打の与ダメは 2

実験結果

プリが与ダメ 79 で叩き、luckが出た。 ダメージメータの表示は 79 で、実際の与ダメは 79*2=158。
この状態でオラクルが与ダメ 2 で叩き、80打目 ( 総与ダメ 160)でタゲが移った。

分析

80打目でタゲが移ったことから、プリの最初のヘイトは79だったことが分かる。
やはり、追加攻撃分はヘイトになると言える。